結婚式のお呼ばれマナー、パーティードレスの「あり」と「なし」

結婚式のマナーは男性よりも女性の方が難しく、良い悪いの区別も地域によって異なる部分があります。
今回はこれだけは守りたいという常識について「あり」「なし」で解説します。パーティードレスの色やアクセサリーについて、色々な決まりがあるので、当日恥ずかしい思いをしなくて済むようチェックしてみて下さい。

ゲストのドレスコーデ「あり」と「なし」

まずパーティードレスの色には注意が必要です。結婚式はあくまで花嫁が主役なので、悪目立ちするようなコーデは避けましょう。
赤・緑・青・オレンジなどのカラフル系はありです。逆に白・オフホワイト・ライトピンク・ベージュなどの白系はなしです。白は主役である花嫁の色です。花嫁と被るような色のドレスはマナー違反になるので気を付けましょう。
次に、ドレスの素材についてです。可愛い、おしゃれという理由だけでドレスを選んでしまうと、当日後悔するかもしれません。
光沢素材・フリル・レース素材はありです。ファー素材・バイカラー・リクルートスーツはなしです。ファーなどの毛皮は殺生を連想させるのでマナー違反です。
そして、最後にドレスのデザインです。ひざ上10センチ未満のワンピース・光沢素材のパンツスタイルはアリです。露出度の高いミニ・肩だし・タイトデザインはなしです。あくまで式だという事を忘れずに選びましょう。

小物類の「あり」と「なし」その1

パーティードレスが決まったら次に選ぶのがアクセサリーなどの小物類です。華やかさを意識しすぎてマナー違反にならないよう気を付けましょう。
まずアクセサリーですが、パール・サンゴ・ビーズ・ラインストーンはありです。特にパールはどんなドレスにも合わせやすいのでお勧めです。キラキラ系・ゴールド系・ファーやアニマル系はなしです。昼間の挙式には光を抑えたシックなものが適切です。光りすぎると反射を起こして写真撮影に差支えがあるので注意が必要です。またアニマル系は先程と同様マナー違反です。
ヘアアクセサリーも出来るだけ小ぶりのものを付けるようにしてください。お花系のヘアアクセなども売っていますが、花嫁と被ってしまうことがあるので避けたほうが良いです。ヘアスタイルはアップスタイルを心掛けて下さい。ダウンスタイルはだらしない印象になるので、せめてハーフアップにセットしましょう。

小物類の「あり」と「なし」その2

アクセサリーが決まったら最後に靴とバッグです。例えば黒いドレスを着るのであれば、靴とバッグは黒でなくベージュなどの落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。ボレロを反対色にする方もいますがバイカラーはあまり良くないので避けるのが無難です。
バッグもアクセサリーと同様に、パール系・レース系・ビーズ系・サテン系はありです。アニマル柄・ファー・ビニール素材・棉素材・スパンコールはなしです。
靴は3センチ以上のヒール・エナメル・レース・ビジュー・秋冬ならスエードはありです。サンダル・ミュール・オープントゥなどの露出度の高いデザインや、ブーツ・バイカラー・ローヒール・チャンキーヒールはなしです。
靴とバッグを選ぶときはパーティードレスとの色の相性を合わせることで品良く決まります。ストッキングはベージュを選びましょう。黒はマナー違反です。少しおしゃれをしたいという方はベージュにラメの入ったものがお勧めです。